荒唐無稽

【読み】 こうとうむけい
【意味】 荒唐無稽とは、言うことがでたらめで、根拠のないこと。

【荒唐無稽の解説】

【注釈】 「荒唐」とは、言うことに根拠がなく、とりとめのないこと。「無稽」とは、考え方に根拠がなくでたらめなことをいう。
「荒唐之言」と「無稽の言」とが一緒になり出来たことばで、『荘子』には「荘周その風を聞きてこれを悦び、謬悠の説、荒唐の言、端崖の無きの辞を以てす(荘子はその説を学んで共鳴し、実情を伴わない広遠な説、判断できない根拠のない説、糸口がとらえられない言葉を使って述べた)」とある。
また、『書経』には「無稽の言は聴くこと勿れ(根拠のない話には耳を傾けるべきではない)」とある。
「無稽荒唐」ともいう。
【出典】 『荘子』 『書経』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「そんな荒唐無稽の噂話を真に受けるなんて、馬鹿げている」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

荒唐無稽(こうとうむけい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
荒唐無稽の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス