紺屋の明後日

【読み】 こうやのあさって
【意味】 紺屋の明後日とは、当てにならない約束や期日のたとえ。

【紺屋の明後日の解説】

【注釈】 「紺屋」とは、藍で布を紺色に染める職人。転じて、染め物屋のこと。
染め物の仕事は天候に左右されやすく、仕上がりが遅れがちなため、客に催促されると「明後日になれば染め上がる」と言い訳して先に延ばすが、その約束も当てにならないのが相場であったことから。
「紺屋」は「こんや」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 明後日紺屋に今晩鍛冶屋/医者の只今/鍛冶屋の明晩/紺屋の明後日七十五日/問屋の只今/坊さんのおっつけ
【対義】
【英語】 One of these days is none of these days.(「そのうちに」という日は来ない)
【用例】 「彼の言うことはいつも紺屋の明後日だから、あてにしないほうがよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス