紺屋の白袴

【読み】 こうやのしろばかま
【意味】 紺屋の白袴とは、他人のためにばかり働いて、自分のことに手が回らないこと。

【紺屋の白袴の解説】

【注釈】 人の白い袴を紺色に染める紺屋が、染める仕事に忙しく、自分は染めていない白色の袴をはいていることから。
転じて、他人のことにばかり忙しく、自分自身のことに手をかける暇がないということ。
一説によると、紺屋は仕事中に染める液を自分の白袴には一滴もつけないという、職人の誇りを表しているともいわれている。
「紺屋(こうや)」は「こんや」の転で、染め物屋のこと。
「こうや」は「こんや」、「しろばかま」は「しらばかま」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 医者の不養生/医者の若死に出家の地獄/易者身の上知らず/学者の不身持ち/駕籠舁き駕籠に乗らず/鍛冶屋の竹火箸/紙漉きの手鼻/髪結い髪結わず/髪結いの乱れ髪/紺屋の白足袋/左官の荒壁/算術者の不身代/儒者の不身持ち/大工の掘っ立て/坊主の不信心/椀作りの欠け椀
【対義】
【英語】 The cobbler's wife goes the worst shod.(靴直しの女房は世間で一番ひどい靴を履いている)
The tailor's wife is worst clad.(仕立屋の妻は最もひどい服を着る)
【用例】 「有名な高級料亭で働いていたとき、まかながお茶漬けや塩むすびばかりだったのには驚いたよ。紺屋の白袴とはよく言ったものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス