浩然の気

【読み】 こうぜんのき
【意味】 浩然の気とは、豊かでのびのびとした、大らかな心のたとえ。

【浩然の気の解説】

【注釈】 「浩」とは、水が豊かで広々としているさま。
『孟子・公孫丑上』にあることばで、本来は、正道を行い道義を身につけることによって、五体に生命や活力の源がやどることから、転じて束縛されない豊かでのびのびとした気持ちのことをいう。
【出典】 『孟子』
【注意】 「浩然」を「昂然」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「浩然の気を養うべく、一人旅に出る」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス