子は三界の首枷

【読み】 こはさんがいのくびかぜ
【意味】 子は三界の首枷とは、親というものは子供のことにとらわれて、一生自由を束縛されることのたとえ。

【子は三界の首枷の解説】

【注釈】 「三界」とは、仏教でいう過去・現在・未来のこと。
「首枷」とは、罪人の首にはめて自由を奪う刑具の一種。
子を首枷にたとえて、親が抱く子への愛情が深いからこそ、子のために自由を奪われるということ。
「子は三界の首っ枷」「親子は三界の首枷」とも。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「三界」を「さんかい」と読むのは誤り。
【類義】 子が無くて泣くは芋掘りばかり/子宝脛が細る/子は厄介の首枷/無い子では泣かで有る子に泣く/無い子では泣かれぬ
【対義】 金宝より子宝/子宝千両/子に過ぎたる宝なし/子に勝る宝なし/千の倉より子は宝
【英語】 Children suck the mother when they are young and the father when they are old.(子供が幼いときは母親の乳を吸い、長ずると父親のすねをかじる)
【用例】 「子は三界の首枷で、子供が生まれてからというもの、趣味に費やす時間とお金はなくなった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス