子を持って知る親の恩

【読み】 こをもってしるおやのおん
【意味】 子を持って知る親の恩とは、自分が親の立場になって初めて子育ての大変さがわかり、親の愛情深さやありがたさがわかるということ。

【子を持って知る親の恩の解説】

【注釈】 「親の恩は子を持って知る」ともいう。
『明心宝鑑』に「子を養いて方めて父母の恩を知り、身を立てて方めて人の辛苦を知る」とある。
【出典】
【注意】
【類義】 親の心子知らず/子を育てて知る親の恩/子を持たねば親の恩を知らず/子を持てば親心/子を養いて方に父の慈を知る/子を養いて方に父母の恩を知る
【対義】
【英語】
【用例】 「子を持って知る親の恩で、子供を授かって初めて、親の本当のありがたさがわかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス