愚公、山を移す

【読み】 ぐこう、やまをうつす
【意味】 愚公山を移すとは、どんなに困難なことでも辛抱強く努力を続ければ、いつか必ず成し遂げることができるというたとえ。

【愚公山を移すの解説】

【注釈】 中国の愚公という名の90才にもなる老人が、家の前にある二つの大山をほかへ動かそうと、土を運びはじめた。
人々はその愚かさを嘲笑したが、愚公は子孫がその行いを引き継げば山を移動させるだろうと、一向にひるまなかった。
その志に感じ入り、天帝(神様)が山を移動させ平らにしたという故事に基づく。
【出典】 『列子』湯門篇
【注意】 「愚公」を「愚行」「愚考」とは書かない。
【類義】 雨垂れ石を穿つ/愚公移山/金輪際の玉も拾えば尽きる/点滴石を穿つローマは一日にして成らず
【対義】
【英語】 Rome was not built in a day.(ローマは一日にして成らず)
【用例】 「愚公山を移すという例もあるから、どんなことでも不可能だと決めつけ、諦めてはならない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス