口自慢の仕事下手

【読み】 くちじまんのしごとべた
【意味】 口自慢の仕事下手とは、口だけは達者だが、仕事がさっぱりできないこと。

【口自慢の仕事下手の解説】

【注釈】 多弁な者は口ばかり動いて、手が動かないことから。
【出典】
【注意】
【類義】 空き樽は音が高い/口上手の商い下手/口叩きの手足らず/口では大阪の城も建つ/口では親船も造る/能無しの口叩き/理屈上手の行い下手
【対義】 口も八丁手も八丁手八丁口八丁/物言わずの早細工
【英語】 A long tongue is a sign of a short hand.(口がよく動くというのは手が動いていないしるし)
【用例】 「口自慢の仕事下手とは、まさに彼女のような人のことだね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス