口に蜜あり腹に剣あり

【読み】 くちにみつありはらにけんあり
【意味】 口に蜜あり腹に剣ありとは、口ではうまいことを言うが、内心は険悪であること。

【口に蜜あり腹に剣ありの解説】

【注釈】 言葉では相手を喜ばせるようにさも優しそうなことを言うが、心の中は険悪で悪意を抱いていることをいう。
唐の玄宗が皇帝が李甫の陰険な性格を評した言葉から。
【出典】 『資冶通鑑』
【注意】 外柔内剛の意味(外見は優しくおとなしそうだが、意志はしっかりしていること)で使うのは誤り。
【類義】 笑みの中の刀/口に甘きは腹に害あり/口に接吻胸に匕首/笑中に刀あり/真綿に針を包む/綿に針を包む
【対義】 口に針
【英語】 He has honey in his mouth and the razer at his girde.(彼は口に蜜、腹帯にかみそりを持っている)
Bees that have honey in their mouths have stings in their tails.(蜜蜂は口に蜜を持っているが尻には針を持っている)
【用例】 「あの人は常に口に蜜あり腹に剣ありで、彼女をよく知らない人には評判がいいが、親しくなるとみんなに敬遠される」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス