口は禍の門

【読み】 くちはわざわいのかど
【意味】 口は禍の門とは、不用意な発言は身を滅ぼす要因になるから、言葉は十分に慎むべきだという戒め。

【口は禍の門の解説】

【注釈】 何気なく言った言葉が元で災難を招き、身を滅ぼすこともあるから、ものを言うときには慎重に言うべきだということ。
『古今事文類集・後集』に「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり(うかつなことを言うと禍が起きる、舌は槍よりも多く身を傷つける)」とあるのに基づく。
「門」は「もん」とも読む。
「口は災いの門」と書いても誤りではない。
【出典】 『事文類集』
【注意】 「門(かど)」を「角」と書くのは誤り。
【類義】 蛙は口から呑まれる/雉も鳴かずば撃たれまい/口は善悪の門/口は災いの元/三寸の舌に五尺の身を亡ぼす/舌は禍の根/多言は身を害す/沈黙は金、雄弁は銀物言えば唇寒し秋の風/病は口より入り禍は口より出ず/禍は口から
【対義】
【英語】 Out of the mouth comes evil.(口は災いの元)
More have repented speech than silence.(黙っていたことより話したことを後悔する人の方が多い)
【用例】 「たった一回の失言で、その政治家は政治界から追放された。口は禍の門と、肝に銘じただろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス