管を巻く

【読み】 くだをまく
【意味】 管を巻くとは、酒に酔って、とりとめもないことをくどくど言い続けること。

【管を巻くの解説】

【注釈】 「くだ=管」とは、紡績に使う糸を巻きつける小さな軸のこと。
糸繰り車を回すときに出るぶんぶんという単調な音を、酔った人がくどくど言うのにたとえたことわざ。
【出典】
【注意】 「巻く」を「撒く」と書くのは誤り。
酔っ払いのする行為であって、素面(しらふ)の人には使わない。
【類義】 酔いては管巻く
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女は優しくて親切な女性だが、酒の席では相手を問わず管を巻く癖があるのが難点だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス