苦肉の策

【読み】 くにくのさく
【意味】 苦肉の策とは、自分を犠牲にしてでも、敵をあざむくために行うはかりごと。また、苦し紛れに考え出した手段、計略。

【苦肉の策の解説】

【注釈】 「苦肉」とは、敵をあざむくために自分の身や味方を苦しめること。
苦し紛れの手段という意味は、「苦」という言葉の連想からいうようになったもの。
【出典】
【注意】 「国苦の策」「苦に苦の策」と書くのは誤り。
【類義】 苦肉の計/苦肉の謀
【対義】
【英語】
【用例】 「苦肉の策で、不本意ではあるが、吸収合併に合意する」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス