国破れて山河あり

【読み】 くにやぶれてさんがあり
【意味】 国破れて山河ありとは、戦乱で国が滅びても、山や川の自然はもとのままのなつかしい姿で存在しているということ。

【国破れて山河ありの解説】

【注釈】 有為転変の世の中と変わらない自然とを対比し、感慨深くいう言葉。
杜甫の詩『春望』の冒頭の句「国破れて山河あり、城春にして草木深し(国は滅亡したが山や川はそのままで、町には春が訪れ草木が茂っている)」から。
【出典】 杜甫・詩『春望』
【注意】 「国敗れて山河あり」と書くのは誤り。
自然災害などの影響を受けず、自然が残っていたという意味で用いるのは誤り。
誤用例 「あの台風の後でも、一輪の花が咲いていた。国破れて山河ありの感慨を覚える」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「国破れて山河ありで、とても戦争が起きた場所とは思えないほど木々は青々と茂っていた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス