君子は豹変す

【読み】 くんしはひょうへんす
【意味】 君子は豹変すとは、徳の高い立派な人物は、過ちに気づけば即座にそれを改め正しい道に戻るものだということ。また、状況によって態度や考えを急に変えるものだというたとえ。

【君子は豹変すの解説】

【注釈】 「君子」とは、学識・人格ともに優れた立派な人のこと。
豹の毛が季節によって抜け変わり、斑紋がはっきりと目立つことから転じて、態度ががらりと変わることを「豹変する」という。
本来は、過ちを直ちに改めるの意味で使われていたが、現在では、自分の都合により態度を一変させる悪いほうに変わるという意味で使われることが多くなった。
『易経・革卦』にある「君子豹変す、小人は面を革む(君子が過ちを改めることは、豹の模様のようにはっきりしている。しかし小人はただ外面を改めるだけである)」に基づく。
【出典】 『易経』革卦
【注意】
【類義】 空谷足音
【対義】
【英語】 A wise man changes his mind, a fool never.(賢者は考えを変えるが、偶者は決して変えない)
【用例】 「君子は豹変すというが、彼のあまりの切り替えの速さと冷静さには、ちょっと恐怖を感じるものだね」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

豹変(ひょうへん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
豹変の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス