君子の交わりは淡きこと水の如し

【読み】 くんしのまじわりはあわきことみずのごとし
【意味】 君子の交わりは淡きこと水の如しとは、君子の交際は、水のように淡白であるが、その友情はいつまでも変わらないということ。

【君子の交わりは淡きこと水の如しの解説】

【注釈】 「君子」とは、高い教養と徳をそなえた立派な人のこと。
『荘子』に「君子の交わりは、淡きこと水の若く、小人の交わりは甘きこと醴の若し。君子は淡くして以て親しみ、小人は甘くして以て絶つ。彼の故無くして以て合する者は、則ち故無くして以て離る(君子の交際は水のように淡白だが永い間親しみ続け、小人の交際は甘いためにすぐに途絶える。理由なしに結ばれた者は、理由なしに離れるものである)」とあるのに基づく。
「交わり」は「接わり」とも書く。
「君子の交わりは淡くして水の如し」ともいう。
【出典】 『荘子』
【注意】
【類義】 醴水の交わり
【対義】
【英語】
【用例】 「何年も会わなくても友情は変わらない。君子の交わりは淡きこと水の如しだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス