君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず

【読み】 くんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず
【意味】 君子は和して同ぜず小人は同じて和せずとは、すぐれた人物は協調はするが、主体性を失わず、むやみに同調したりしない。つまらない人物はたやすく同調するが、心から親しくなることはないということ。

【君子は和して同ぜず小人は同じて和せずの解説】

【注釈】 『論語・子路』にある孔子のことば、「子曰く、君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」に基づく。
「同ぜず」は「同せず」ともいう。
【出典】 『論語』子路
【注意】
【類義】 同じて和せず/和して同ぜず
【対義】
【英語】 One must draw the line somewhere.(どこかに線を引かねばならない)
【用例】 「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せずと言うだろう。群れることと協調性があることは別だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス