苦しい時の神頼み

【読み】 くるしいときのかみだのみ
【意味】 苦しい時の神頼みとは、日頃は神も仏も拝んだことがない信心のない者が、苦しい時や困った時や災難にあったりしたときにだけ、神仏に頼って助けを求めて祈ること。

【苦しい時の神頼みの解説】

【注釈】 困窮し追い詰められた時にだけ、ふだんは神仏のことなど思い浮かべることすらないような者が、ひたすらそれを拝み倒し頼ろうとすることの身勝手さをいう。
転じて、いつも知らん顔をしている者が、自分が困った時にだけその人に頼ろうとすること。
「神頼み」の「神」の部分を、ここぞというときに頼れる人に置き換えていうこともある。
例「柴田さんはクレーム処理が得意分野だから、こんなときは困った時の柴田さん頼みでいこう」
【出典】
【注意】 「苦しい時は神頼み」というのは誤り。
「溺れる者は藁をも掴む」と混同して使うのは誤り。
誤用例 「苦しい時の神頼みで、あてにしていなかった佐藤さんに頼ってみたが結果はやはりだめだった」
【類義】 今際の念仏誰でも唱える/溺れる者は藁をも掴む/恐ろしい時の神頼み/悲しい時の神祈り/叶わぬ時の神頼み/困った時の神頼み/死にがけの念仏/術なき時の神頼み/切ない時の神頼み/切ない時は茨も掴む/人窮すれば天を呼ぶ/藁にもすがる
【対義】
【英語】 The danger past and God forgotten.(危険が過ぎると神は忘れ去られる)
【用例】 「いくら熱心に苦しい時の神頼みをしたって、何の準備もなくプレゼンが成功するはずないだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス