臭い物に蓋をする

【読み】 くさいものにふたをする
【意味】 臭い物に蓋をするとは、都合の悪いことや醜聞が他に漏れないように、一時しのぎの方法で隠すことのたとえ。

【臭い物に蓋をするの解説】

【注釈】 悪臭の元を絶たずに容器の蓋を閉めて、悪臭が外に漏れないようにするということから。
根本的な解決をはからずに、一時しのぎの手段で他人に知られないようにするという意味。
『江戸いろはかるた』の一つ。
単に「臭い物に蓋」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】 膿んだものは潰せ
【英語】 To hush up a scandal.(スキャンダルをもみ消す)
【用例】 「臭い物に蓋をするというやり方を政府や行政がこれからも続けていけば、日本に明るい未来はないだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス