草を打って蛇を驚かす

【読み】 くさをうってへびをおどろかす
【意味】 草を打って蛇を驚かすとは、何気なくしたことが、思いがけない結果や災難を招くことのたとえ。また、悪いことをした人の中の一人をこらしめて、関係する他の者を戒めることのたとえ。

【草を打って蛇を驚かすの解説】

【注釈】 蛇を驚かせるために草を叩いたわけではないのに、結果的に蛇がそれに驚いたことから。
昔、中国に王魯という汚職官吏がおり、民衆は王魯の代わりに部下の賄賂を告発する連判状を書き、王魯に告訴した。
訴状を読んだ王魯は、「汝、草を打ったといえども、吾すでに蛇を驚かしむ(お前達は単に草を打ったつもりだろうが、そこに隠れていた蛇(王魯自身)までも驚かせた)」と言って決裁したという、『書言故事』にある故事に基づく。
「草を打って蛇に驚く」とも。
【出典】 『書言故事』
【注意】
【類義】 打草驚蛇/藪蛇藪をつついて蛇を出す
【対義】
【英語】
【用例】 「私一人だけを処罰するなんて、草を打って蛇を驚かすようなことをされた気分だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス