薬も過ぎれば毒となる

【読み】 くすりもすぎればどくとなる
【意味】 薬も過ぎれば毒となるとは、たとえ良いものであっても、度が過ぎればかえって害になるというたとえ。

【薬も過ぎれば毒となるの解説】

【注釈】 いくら効く薬だからと言って、適量以上飲めばかえって体に害を与えることから、何事も度を越すのは害になるということ。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】 及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/彩ずる仏の鼻を欠く/過ぎたるは猶及ばざるが如し大吉は凶に還る/名の木も鼻につく/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る礼も過ぎれば無礼になる
【対義】
【英語】 All overs are ill.(すべて過度のものは悪い)
【用例】 「ちょっと頭が痛いからって毎日のように鎮痛剤ばかり飲んでいても、根本的解決にはならないよ。それによく効くと言ったって、薬も過ぎれば毒となるだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス