空谷の跫音

【読み】 くうこくのきょうおん
【意味】 空谷の跫音とは、退屈でさびしい暮らしを送っているところに、思いがけなく人が訪れたり、嬉しい便りがきたりすること。

【空谷の跫音の解説】

【注釈】 さびしい谷に聞こえる人の足音という意味から。
「空谷」とは、人がいない寂しい谷。
「跫音」とは、足音。
【出典】 『荘子』徐無鬼
【注意】 跫音(足音)を恐怖として感じるときに用いるのは誤り。
誤用例 「空谷の跫音に怯えて、逃げ続けてきた」
【類義】 空谷足音
【対義】
【英語】
【用例】 「夫が亡くなってから寂しく独りで暮らしてきたけれど、空谷の跫音で昨日突然娘たちが訪ねてきてくれたんですよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス