曲がらねば世が渡られぬ

【読み】 まがらねばよがわたられぬ
【意味】 曲がらねば世が渡られぬとは、正義や気まじめさだけで世の中は渡れないということ。相手が正しくないと思っても、時には融通をきかせて相手に合わせることも必要だということ。

【曲がらねば世が渡られぬの解説】

【注釈】 「曲がらねば」とは、自分の主義・主張をむりに変える。気持ちなどを抑えるという意味。
「曲がらねば世に立たぬ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 商人と屏風は曲がらねば立たぬ/清水に魚棲まず/石上五穀を生ぜず/人至って賢ければ友なし/人と屏風は直ぐには立たず/人の踊るときは踊れ/屏風と商人は直ぐには立たぬもの/水至って清ければ則魚無し/水清ければ魚棲まず/水清ければ大魚なし
【対義】
【英語】 Hang him that has no shifts.(策略の一つもできない能なしは殺してしまえ)
【用例】 「あなたの言い分も理解できるが、時には我を押し通さずに譲ってみてはどうか。曲がらねば世が渡られぬというだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス