蒔かぬ種は生えぬ

【読み】 まかぬたねははえぬ
【意味】 蒔かぬ種は生えぬとは、原因がないのに結果が生じることはないというたとえ。また、努力もせずに良い結果を期待することなど無駄だという教え。

【蒔かぬ種は生えぬの解説】

【注釈】 種を蒔かなければ花も実もなるはずなどなく、収穫があるはずもない。
原因がなければ結果は生じない。また働かなければ利益も得られるはずがないということ。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 打たぬ鐘は鳴らぬ/打たねば鳴らぬ/春植えざれば秋実らず/物が無ければ影ささず
【対義】 開いた口へ団子/開いた口へ牡丹餅果報は寝て待て鴨が葱を背負ってくる棚から牡丹餅
【英語】 Harvest follows seedtime.(収穫は種蒔きの後に来る)
Pluck not where you never planted.(植えなかった場所で摘むな)
Noting comes of nothing.(何もないところからは、何も出てこない)
You cannot make an omelet without breaking eggs.(卵を割らずにオムレツは作れない)
【用例】 「何もせず棚から牡丹餅を待っていても、そんなに都合よく人生が進むわけはないだろう。何かを得たいなら何かを始めなさい。蒔かぬ種は生えぬというではないか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス