負け犬の遠吠え

【読み】 まけいぬのとおぼえ
【意味】 負け犬の遠吠えとは、臆病者が本人の前では出来ないくせに、陰では威張ったり悪口を言ったりすることのたとえ。

【負け犬の遠吠えの解説】

【注釈】 弱い犬が相手から遠く離れたところで、尻込みしながら吠え立てることから。
主に、勝ち目のない相手を陰でののしることのたとえとして使われる。
「遠吠え」とは、犬などの動物が遠くで声を長く引いて吠えること。
【出典】
【注意】
【類義】 犬の遠吠え
【対義】
【英語】 A waking dog afar off barks at a sleeping lion.(遠くの犬が起きて、眠っているライオンに吠える)
A barking dog seldom bites.(吠える犬はめったに噛み付かない)
【用例】 「未だに相手の陰口を叩いているなんて、負け犬の遠吠えというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス