枕を高くして寝る

【読み】 まくらをたかくしてねる
【意味】 枕を高くして寝るとは、気にかかることがなく、安心してゆっくりと眠ること。心配事が全くないこと。

【枕を高くして寝るの解説】

【注釈】 中国の戦国時代、秦と同盟を結ばせるために、遊説家の張儀が魏王を説得するために言ったことば。
出典に「楚韓の患い無くんば、則ち大王枕を高くして臥し、国必ず憂い無からん(楚と韓の両国から攻撃される心配が無ければ、大王は枕を高くして眠ることができ、国には憂患が無くなるでしょう)」とあるのに基づく。
戦国時代は、不意の敵の襲来に備えて地面に耳をつけたり、遠くの音が聞こえるようにえびらを枕として寝たりしていた。
戦いが終わると、敵の襲来もなく安心して枕を高くして寝ることができたことから。
「枕を高くして臥す」「枕を高くして眠る」ともいう。
【出典】 『戦国策』 『史記』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 To be able to sleep on both ears.(左右どちらの耳を下にしても眠ることができる)
【用例】 「簡単に金儲けができるという話を彼に持ちかけられたが、彼の話はいつも眉に唾をつけて聞いているよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス