俎板の鯉

【読み】 まないたのこい
【意味】 まな板の鯉とは、相手のなすがままに任せるより仕方ない状態のたとえ。

【まな板の鯉の解説】

【注釈】 まな板に乗せられた鯉のように、自分の力ではどうすることもできず、ただ調理されるのを待っている他ない状態の意味。
相手に生死の鍵を握られ、どうあがいても逃げ場のない、絶体絶命の状態にあることをいう。
「俎の鯉」とも書く。
【出典】
【注意】 「まな板の鯛」は誤り。
【類義】 俎上の魚/俎上の鯉/俎上の肉/まな板の上の蛸/まな板の魚/まな板の肉
【対義】
【英語】
【用例】 「そのときの僕はまるでまな板の鯉だった。何の反論もできず、ただ判決をうけとめる他なかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス