丸い卵も切りようで四角

【読み】 まるいたまごもきりようでしかく
【意味】 丸い卵も切りようで四角とは、同じ意味のことを言うにも、言い方によって受け取られ方が違ってくるというたとえ。

【丸い卵も切りようで四角の解説】

【注釈】 丸い卵でも切りようによっては四角くなるように、物事も言い方いかんによって円満におさまったり、角が立ったりするということ。
「丸い卵も切りようで四角」の後に「物も言いようで角が立つ」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 三味線もひき方/物は言いなし事は聞きなし/物は言いよう/物も言いようで角が立つ
【対義】
【英語】 God in the tongue and the devil in the heart.(舌には神、心には悪魔)
【用例】 「正論だからといって角が立つ言い方はよくないよ。丸い卵も切りようで四角というように、正しいことでも相手が受け入れにくい気持ちになってしまうだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス