真綿で首を絞める

【読み】 まわたでくびをしめる
【意味】 真綿で首を絞めるとは、じわじわと遠まわしに責めたり、痛めつけたりすることのたとえ。

【真綿で首を絞めるの解説】

【注釈】 真綿は柔らかいが、引っ張れば千切れないくらい強い。その真綿のようにやんわりと、遠まわしに責めていくこと。
「真綿」とは、くず繭を煮て綿状に引き伸ばしたもので、丈夫で軽い。
【出典】
【注意】 「絞める」を「締める」と書くのは誤りではないが、このことわざの場合は「絞める」が一般的。
【類義】 粘綿で首を絞める/真綿で喉を締める/綿にて首をしむるが如し
【対義】
【英語】 To be hanged on a fair gallows.(美しい絞首台で縛り首にされる)
【用例】 「妻は大声でどなったりはしないが、真綿で首を絞めるように執念深く問い詰めてくるから、かなわない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス