真綿に針を包む

【読み】 まわたにはりをつつむ
【意味】 真綿に針を包むとは、表面はやさしく親切な態度だが、心の中には底意地の悪さを持っていることのたとえ。

【真綿に針を包むの解説】

【注釈】 柔らかい真綿に、とがった針を包み隠すことから、表向きはやわらかく見えるが、心の中は意地が悪いことをいう。
単に「真綿に針」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 笑みの中の刀/口に甘きは腹に害あり/口に接吻胸に匕首/口に蜜あり腹に剣あり/笑中に刀あり/綿に針を包む
【対義】 口に針
【英語】 God in the tongue and the devil in the heart.(舌には神、心には悪魔)
【用例】 「私の上司はにこやかで人当たりが良いけれど、考えていることはいつも表情と正反対だ。まさに真綿に針を包むような人で信用できない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス