名人は人を謗らず

【読み】 めいじんはひとをそしらず
【意味】 名人は人を謗らずとは、名人ともなれば他人の短所をあげつらわないということ。

【名人は人を謗らずの解説】

【注釈】 人は妬みやそねみから他人の悪口を言うものだが、名人には人を妬んだりそねんだりする必要がないから、他人の短所や未熟さを批判することはしない。
「名人人を謗らず」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 名人は人を叱らず
【対義】
【英語】
【用例】 「名人は人を謗らずで、あの人が誰かを悪く言うところを見たことがない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス