明鏡止水

【読み】 めいきょうしすい
【意味】 明鏡止水とは、邪念が無く、静かに落ち着いて澄みきった心の状態のたとえ。

【明鏡止水の解説】

【注釈】 「明鏡」は、一点の曇りもない、よく映る鏡のことで、「けいめい」とも読む。
「止水」とは、流れずに静かにとどまって、澄んだ水面のこと。
曇りの無い鏡と澄んだ水面のように、安らかに落ち着いた心境をいう。
『荘子・徳充符』にある「明鏡」と「止水」の二つの言葉を合わせてできた句。
「明鏡」は、甲徒嘉のことば「鑑明らかなれば則ち塵垢止まらず、止まれば則ち明らかならざるなり(鏡がきちんと磨かれていれば塵は付かない、塵が付くのは鏡が曇っているからだ)」から。
「止水」は、孔子のことば「人は流水に鑑みること莫くして、止水に鑑みる。唯止まるもののみ能く衆衆の止まらんとするものを止む(人は流水を鏡として使うことはなく、静止した水を鏡とする。ただ不動の心を得た者のみ、心の安らぎを求める者に対して、それを与えることができる)」から。
【出典】 『荘子』
【注意】 「名鏡止水」と書くのは誤り。
【類義】 虚心坦懐/光風霽月
【対義】
【英語】
【用例】 「家族とのわだかまりもとけて、明鏡止水の気持ちで余生を過ごせた」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

明鏡止水(めいきょうしすい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
明鏡止水の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス