目から鱗が落ちる

【読み】 めからうろこがおちる
【意味】 目から鱗が落ちるとは、あることをきっかけに、今までわからなかったことが急に理解できるようになることのたとえ。

【目から鱗が落ちるの解説】

【注釈】 鱗で目をふさがれた状態のように、よく見えなかったものが、急にその鱗が落ちて鮮明に見えるようになったということ。
『新約聖書』使徒行伝・第九章にある「The scales fall from one's eyes.」という言葉に基づく。
キリスト教を迫害していたサウロの目が見えなくなったとき、イエス・キリストがキリスト教徒に語りかけ、サウロを助けるようにとキリスト教徒のアナニヤに指示した。
アナニヤがサウロの上に手を置くと、サウロは目が見えるようになり、このときサウロは「目から鱗のようなものが落ちた」と言っている。
単に「目から鱗」とも。
【出典】 『新約聖書』
【注意】 「目から鱗が取れる」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 The scales fall from one's eyes.(目から鱗が落ちる)
【用例】 「その本を初めて読んだのときは中学生だったが、目から鱗が落ちるようだった」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

目からうろこが落ちるの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス