目に入れても痛くない

【読み】 めにいれてもいたくない
【意味】 目に入れても痛くないとは、ひどくかわいがることのたとえ。

【目に入れても痛くないの解説】

【注釈】 かわいくてたまらない、見境なくかわいがるさまのたとえ。
多く、子や孫をかわいがるさまのたとえとして使う。
【出典】
【注意】 「目に入れても痛くない」は例えであり、実際に子や孫を目に入れたら痛いので注意が必要。
それ以前に、おそらく子や孫を目の中に入れることは不可能と思われる。
【類義】 目に入れてもえずくない/目の中に入れても痛くない
【対義】
【英語】
【用例】 「あんなに厳格だった父が、孫が生まれてからは目尻が下がりっぱなしだ。まさに、目に入れても痛くないという状態なのだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス