目には目を歯には歯を

【読み】 めにはめをはにははを
【意味】 目には目を歯には歯をとは、自分が害を受けたら、それと同じようにして復讐をすることのたとえ。

【目には目を歯には歯をの解説】

【注釈】 自分が受けた害と同じ事をして、復讐するということ。
目を傷つけられたら相手の目を傷つけ、歯を折られたら相手の歯も折るということから。
本来は、被害者が受けた害と同等の害を加害者にも与えるという同害報復(タリオ)の言葉である。
今では広く復讐するの意で使われている。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とある。
しかし新約聖書にある「左の頬を打たれたら、右の頬も差し出しなさい」と、イエスが復讐を戒める言葉を説いたことも知られている。
「目には目、歯には歯」とも。
【出典】 『ハムラビ法典』 『旧約聖書』
【注意】
【類義】
【対義】 怨みに報ゆるに徳を以てす
【英語】 An eye for an eye, and a tooth for a tooth (目には目を、歯には歯を)
Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.(目には目、歯には歯、手には手、足には足を)
【用例】 「目には目を歯には歯をというから、裏切り行為をしてきたあの社員には、会社としても同じだけの痛手を与えてやろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス