目の上の瘤

【読み】 めのうえのこぶ
【意味】 目の上の瘤とは、邪魔であったり、目ざわりであったりするもの。主に、自分より地位や能力が上の者に対して使う。

【目の上の瘤の解説】

【注釈】 目のすぐ上にこぶが出来ると、目障りで邪魔になることから。
「目の上のたんこぶ」ともいう。
『江戸いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「こぶ付き」というように、「こぶ」には世話をせねばならない子供の意もあるが、目障りな子供のたとえではない。
【類義】 鼻の先の疣々
【対義】
【英語】 A thorn in one's flesh.(肉に刺さったとげ=心配・苦労の種)
【用例】 「手ごわいライバルの出現は、彼にとってまさに目の上のこぶだった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス