面壁九年

【読み】 めんぺきくねん
【意味】 面壁九年とは、一つのことに忍耐強く専念すること。また、長い間わき目もふらずに打ち込んで努力することのたとえ。

【面壁九年の解説】

【注釈】 達磨(だるま)大師が、中国の嵩山にある少林寺に籠り、九年間も壁に向かって座禅を組み、悟りを開いたという故事から。
【出典】 『景徳伝燈録』
【注意】 「九年」は「きゅうねん」とは読まない。
【類義】 九年面壁
【対義】
【英語】
【用例】 「面壁九年の修業を経て、ようやく自分の料理屋を持てる身分になれた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス