目は心の鏡

【読み】 めはこころのかがみ
【意味】 目は心の鏡とは、目にはその人の心の正邪が表れるということ。

【目は心の鏡の解説】

【注釈】 目はその人の心を映し出す鏡のようなものだから、目を見ればその人の心のさまが読み取れるものである。
心が清く正しい人は、瞳も澄んでいるものだ。
【出典】 『孟子』
【注意】
【類義】 成るか成らぬか目元で知れ/目が物を言う/目は口ほどに物を言う/目は心の窓/目は人の眼
【対義】
【英語】 The eye is the window of the heart.(目は心の窓)
【用例】 「目は心の鏡というが、子供のひたむきに頑張る目を見ていると、心が洗われるものだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス