目は口ほどに物を言う

【読み】 めはくちほどにものをいう
【意味】 目は口ほどに物を言うとは、情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、相手に気持ちが伝わるものだということ。

【目は口ほどに物を言うの解説】

【注釈】 人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。
また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。
「目も口ほどに物を言う」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 成るか成らぬか目元で知れ/目が物を言う/目は心の鏡/目は心の窓/目は人の眼
【対義】
【英語】 The eyes have one (or a) language everywhere.(目は万国共通の言葉)
The eyes are as eloquent as the tongue.(目は舌ほどによくしゃべる)
【用例】 「彼女は物腰が柔らかく、言葉遣いも丁寧だったが、それは好意ではなく損得の計算からだということがありありとわかった。目は口ほどに物を言うからね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス