右と言えば左

【読み】 みぎといえばひだり
【意味】 右と言えば左とは、人の言うことにいちいち反対すること。

【右と言えば左の解説】

【注釈】 一人が右と言えば、別の者が左と言うことから、人の言うことに対してことさら反対する様子をいう。
【出典】
【注意】 「左と言えば右」は誤り。
【類義】 ああ言えばこう言う/西と言えば東と言う/山と言えば川
【対義】
【英語】
【用例】 「彼は何でも右と言えば左という人だから、彼に言われたことなどいちいち気にする必要なんてないよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス