身から出た錆

【読み】 みからでたさび
【意味】 身から出た錆とは、自分の犯した言動が原因で、苦しんだり災いを受けたりすること。

【身から出た錆の解説】

【注釈】 刀身から出た錆が、刀身を腐らせてしまうことからいう。
自分自身の行いや過ちが原因で、あとで災いを受けて苦しむこと。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「身から出した錆」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 悪因悪果/悪事身に返る/悪事身にとまる/仇も情けも我が身より出る/因果応報/因果覿面/因果は巡る/自業自得/爾に出ずるものは爾に反る/平家を滅ぼすは平家/刃から出た錆は研ぐに砥石がない/刃の錆は刃より出でて刃を腐らす/六国を滅ぼす者は六国なり
【対義】
【英語】 Self do self have.(自分の行為は自分に帰ってくる)
An ill life an ill end.(悪い生き方をすれば悪い死に方をする)
【用例】 「君が奥さんから三行半を突きつけられても、それは身から出た錆だろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス