三日坊主

【読み】 みっかぼうず
【意味】 三日坊主とは、非常にあきっぽく、長続きしないことのたとえ。また、そのような人のこと。

【三日坊主の解説】

【注釈】 僧の修業というものは、早朝からお勤めが始まり、食事も粗食で規則正しい生活を強いられる。
出家しても、中途半端な気持ちでは修業の厳しさを乗り越えられず、三日経ったら還俗(出家した人が再び俗人に戻ること)してしまう人がいることから出来た言葉。
「坊主」は、親しみやあざけりを込めて、他の語に付けていう。
例 「いたずら坊主」「やんちゃ坊主」
【出典】
【注意】 「三日天下」と混同して使うのは誤り。
誤用例 「首席で入学したのに、学校が始まってすぐの試験では、もう100番台まで下がった。トップでいれたのは三日坊主だった」
【類義】 一暴十寒蛇稽古
【対義】
【英語】 Soon hot, soon cold.(熱し易きは冷め易し)
【用例】 「日記をつけても三日坊主、ダイエットを始めても三日坊主、寝る前の腹筋も三日坊主に終わった。僕は何をやっても駄目だなあ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス