三日天下

【読み】 みっかてんか
【意味】 三日天下とは、ごく短い期間だけ権力を握ったり、地位を得たりすることのたとえ。

【三日天下の解説】

【注釈】 本能寺の変で織田信長を倒して天下を取った明智光秀が、そのわずか十数日後に羽柴秀吉に敗れ、滅ぼされたことからいう。
「三日」はごく短い期間という意味。
十数日のうち、光秀が京都で政務を執った期間が三日間であったから、「三日天下」になったともいわれる。
「みっかでんか」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼はコネクションを使って社長に就任したが、結局は三日天下で終わった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス