実るほど頭の下がる稲穂かな

【読み】 みのるほどあたまのさがるいなほかな
【意味】 実るほど頭の下がる稲穂かなとは、人格者ほど謙虚であるというたとえ。

【実るほど頭の下がる稲穂かなの解説】

【注釈】 稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人も人格者や学問にすぐれている人ほど謙虚であるということ。
【出典】
【注意】
【類義】 米は実が入れば俯く、人間は実が入れば仰向く/人間は実が入れば仰向く、菩薩は実が入れば俯く/実の入る稲は穂を垂れる/実る稲田は頭垂る/実るほど頭を垂れる稲穂かな
【対義】
【英語】 The boughs that bear most hang lowest.(一番実のなっている枝が一番低く垂れ下がる)
The more noble, the more humble.(偉い人ほど高ぶらない)
【用例】 「実るほど頭の下がる稲穂かなというように、彼は常に謙虚だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス