見るは法楽

【読み】 みるはほうらく
【意味】 見るは法楽とは、自分の目でいろいろなものを見るのは楽しいということ。また、見て楽しむだけならただであるということ。

【見るは法楽の解説】

【注釈】 「法楽」とは、仏の教えを信じ行うことによってえられる喜びや楽しみを意味する仏教用語で、本来は社寺で神仏への手向けにする歌舞、音楽のこと。転じて、慰みや楽しみの意。
【出典】
【注意】
【類義】 聞くは法楽
【対義】
【英語】 The view of merchandise will cost a man nothing.(商品を見るだけならお金はいらない)
【用例】 「こんなに素晴らしい陶器を見れる機会など滅多にないのだから、購入できなくても見ておきなさい。見るは法楽だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス