身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

【読み】 みをすててこそうかぶせもあれ
【意味】 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれとは、自分の命を犠牲にする覚悟があってこそ、初めて窮地を脱して物事を成就することができるということ。

【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの解説】

【注釈】 捨て身の覚悟で取り組めば、危機を脱し活路を見出せるということで、溺れかけたときはもがけばもがく程深みにはまるものであり、捨て身になって流れに身を任せれば、やがて浅瀬に立つことができるという意味から。
「あれ」は「あり」の已然形で、「こそ」に呼応して已然形で結んだものであり、命令形ではない。
【出典】
【注意】 「立つ瀬がない」との混同から、「身を捨ててこそ立つ瀬もあれ」とするのは誤り。
【類義】 皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を切る/死中に活を求める肉を切らせて骨を断つ
【対義】
【英語】 He that fears death lives not.(死を恐れては生きられない)
Fortune favours the bold.(幸運の女神は勇者を助ける)
【用例】 「一度きりの人生なのだから、保身ばかりに走らずチャンスがあれば自分のすべてを賭けてみるのも悪くないと思うよ。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと言うしね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス