水は方円の器に随う

【読み】 みずはほうえんのうつわにしたがう
【意味】 水は方円の器に随うとは、人は環境や友人によって、良くも悪くも変わるというたとえ。

【水は方円の器に随うの解説】

【注釈】 四角い器に水を入れれば水も四角い形になり、丸い器に水を入れれば水も円形になる。
転じて、人も環境や付き合う人物いかんで良くも悪くもなるということ。
「方」とは四角のことで、「円」とは円形のこと。
孔子の言葉で、『韓非子』に「人君為る者は猶盂のごときなり。民は猶水のごときなり。盂方なれば水方に、盂圜なれば水圜なり(君主たる者は水をいれる鉢のようなものである。人民は、その鉢の中の水のようなもの。鉢が四角なら水も四角い形となり、鉢が丸ければ水も丸い形を作る)」とあるのに基づく。
「随う」は「従う」とも書く。
【出典】 孔子『韓非子』
【注意】
【類義】 麻に連るる蓬/麻の中の蓬朱に交われば赤くなる/虱は頭に処りて黒し/墨に近づけば必ず黒く朱に近づけば必ず赤し/炭屋の丁稚は黒くなる/善悪は友による/丹の蔵する所の者は赤し/血にまじれば赤くなる/人は善悪の友による/藪の中の荊/蓬、麻中に生ずれば扶けずして直し
【対義】
【英語】 Water leads itself to its vessel.(水はおのれをその容器に導く)
【用例】 「水は方円の器に随うで、学生時代の親友がいなければ今頃自分はどんな人生を送っていたかわからない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス