水を差す

【読み】 みずをさす
【意味】 水を差すとは、物事がうまくいっているときに邪魔をする。乱すことのたとえ。また、仲の良い者同士を仲違いさせること。

【水を差すの解説】

【注釈】 熱い湯や濃いものに水を入れて、ぬるくしたり薄めたりする意味から。
【出典】
【注意】 「水を注す」と書いてもよいが、「水をそそぐ」というのは誤り。
【類義】 水を掛ける
【対義】
【英語】 To put (or throw) water in one's wine.(酒の中に水を入れる)
【用例】 「一致団結して順調に進めてきたのに、どうして水を差すような発言をするのだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス