餅は餅屋

【読み】 もちはもちや
【意味】 餅は餅屋とは、何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえ。また、上手とは言え素人では専門家にかなわないということのたとえ。

【餅は餅屋の解説】

【注釈】 餅は餅屋のついたものが一番美味であることから。
「餅屋は餅屋」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 悪魔は悪魔を知る/馬は馬方/海の事は舟子に問え山の事は樵夫に問え/海の事は漁師に問え/刀は刀屋/芸は道によって賢し/酒は酒屋に茶は茶屋に/蛇の道は朽縄が知る/蛇の道は蛇/商売は道によって賢し/田作る道は農に問え/船は船頭に任せよ/仏の沙汰は僧が知る/病は医者歌は公家/山の事は樵に聞け/弓矢の道は武士が知る/弱くても相撲取り
【対義】 左官の垣根
【英語】 There is a mystery in the meanest trade.(どんなつまらない仕事にも秘訣がある)
【用例】 「さすが餅は餅屋だね、どんなに頑張ってもこの味は素人には出ないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス