沐猴にして冠す

【読み】 もっこうにしてかんす
【意味】 沐猴にして冠すとは、外見は立派だが、中身は愚かな者をあざけって言うことば。また、地位にふさわしくない小人物のたとえ。

【沐猴にして冠すの解説】

【注釈】 「沐猴」とは、猿のこと。
猿が冠をかぶって気取っていても中身は猿だという意味から、粗野な人間をあざけるときにいうことば。
楚の項羽が故郷に錦を飾ろうとしたとき、側近がいったことばで、『史記』にある「楚人は沐猴にして冠するのみ(楚の国の人は冠をかぶった猿のようなものだ)」に基づく。
項羽はこの男を釜湯での刑に処した。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 猿に烏帽子/猿に冠/猿の冠着たよう/山猿の冠、狼の衣
【対義】
【英語】 No fine clothes can hide the clown.(どんな美しい着物でも野人を隠すことはできない)
【用例】 「彼がどんなに立派な身なりをしていても、周りから見れば沐猴にして冠すようなものだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

沐猴にして冠す(もっこうにしてかんす)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス