物言えば唇寒し秋の風

【読み】 ものいえばくちびるさむしあきのかぜ
【意味】 物言えば唇寒し秋の風とは、人の悪口を言えば、なんとなく後味の悪い思いをするというたとえ。また、余計なことを言えば災いを招くというたとえ。

【物言えば唇寒し秋の風の解説】

【注釈】 人の欠点を批判したり自分の長所を自慢したりした後は、必ず言わなきゃよかったという思いにとらわれるものである。また、そうしたことによって余計な災難を自ら招くこともある。
口を開くと秋の冷たい風が唇に触れて、寒々とした気分になることから。
松尾芭蕉の「座右の銘」にある句で、この句の前には「人の短をいふ事なかれ己が長をとく事なかれ」とある。
略して「物言えば唇寒し」とも。
【出典】 『芭蕉庵小文庫』
【注意】
【類義】 蛙は口から呑まれる/雉も鳴かずば撃たれまい口は禍の門口は災いの元舌は禍の根/病は口より入り禍は口より出ず/禍は口から
【対義】 思うこと言わねば腹ふくる/物言わねば腹ふくる
【英語】 Your lips hang in your light.(君の唇は君の明かりの中に突き出ている)
※ 余計なことを言うと、利益が減るという忠告の意が込められている。
【用例】 「喧嘩して、相手の欠点ばかりを列挙して攻撃したが、自分までもが惨めな気持ちになった。物言えば唇寒し秋の風というように、あの時は言ってすっきりするどころか、嫌な気持ちだけが残ったよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス